心が病み、働けなくなりアイフルへ

私は35歳男性。以前は超大手のゼネコン会社でバリバリ働く高給取りでした。
しかし、私の仕事ぶりや営業力を疎まれて、車内の先輩から酷いイジメに遭いました。
しかし、ハートは強い方なので気にせず3年ほどそのイジメににも耐えて来ましたが、ある日、現場で起こった事故の責任を全く関係のない私が取らされることになり、今まで就ていた役職も降格されてしまいました。
その謎の事件もどうやらイジメてきていた先輩達が手廻しして私を陥れたようです。
そして驚くことにその中には同期で仲の良かった同僚もグルだったのです。
これにはさすがの私も参ってしまい、人が信じられなくなり、心が病み、やがて辞表を提出して退社しました。
それから一人暮らしの家に引きこもり、貯金を食い潰して生活していましたが、しばらくすると貯金も底を尽きてしまい、そこでカードローンを利用しようと決めたのです。
借入先はアイフルにすることにしました。

以外と直ぐ終わった申込み

今まで大手のゼネコン会社で働いていた私は、結構な高給取りだったので、それまでお金に困ったことはありませんでした。
しかし心が病み、元気がなくなり、おまけに貧乏になってしまった今の私にとって、1万円でも高額に感じました。
私は重い足を引きずりアイフルへ行き、申込みを済ませました。
申込みはすぐに終わりました。お金を借りるのは結構簡単なんだな…と思っていると審査が待ち構えていました。
私は無職でしたので、借入できるか非常に心配になりました。
案の定、審査には数日かかりましたが、めでたく審査が通ったと連絡が来ました。
なんでだろう?と不思議に思えますが、解約していない生命保険の積立があったり、親が私に内緒で、私名義の定期預金の口座を作っていたり…と様々な理由が後から分かりました。
それを知っていたらそこから解約して借りたかもしれないのに…。
そして私は5万円ほど借入しました。
当時は返済の当てが本当に無かったので、この時点で私は働くことを決意しました。
そして私は今の建設会社に就職したのです。
今の会社で私は次第に元気を取り戻して行きました。
返済にはそれ程時間がかかりませんでしたが、前の会社での経験を生かし、出しゃばらない程度に今は頑張っています。
人間関係は絶対にうまくやらねば…と気をつけている次第です。

アイフル審査ナビ
Copyright© アイフル審査ナビ All Rights Reserved.