電話回線は重要です

あまり知られていないことですが、固定電話を取得する際には、電話加入権というのがあります。
この加入権は権利ですので、売買の対象となります。
かつては非常に高額だった電話加入権ですが、現在ではインターネットとセットにすると非常に安く購入することが出来ます。
それ以前に、最近では固定電話を使用している人の数が減少しております。
一戸建ての住宅でさえ固定電話の回線を引かず、携帯電話で済ませてしまうという人が多いのです。
しかし、カードローンの審査においては、どんな電話回線を持っているかと言うのは意外と重要です。
電話というのは、カードローン会社から利用者に連絡をとる手段としても、もちろん必要となってきます。
カードローンに申込みをする際にも、電話番号の記入は必須項目となっておりますので、電話を持っていない人はカードローンに申し込むことは出来ないでしょう。

電話別の信頼度

では、カードローンの審査において最も有利な電話回線の組み合わせはどんなものでしょうか。
まずは何といっても、固定電話と携帯電話の両方を持っている人です。
連絡手段が2つあるというのは、それだけでも有利と言われています。
それならば、携帯電話が2つあってもいいのではないかという気もしますが、それはあまり信頼度が高くありません。
うまいこと電話を使い分けているのではないかということです。
それならば、固定電話だけというほうが信頼度は高まります。
ただし、固定電話と言ってもIP電話ですとあまり信頼度が高くありません。
固定電話で重要なのは、地域に応じて与えられる電話番号です。
東京でしたら03の市外局番です。
これがあることにより、そこに住んでいるという証明にもなるのです。
最も信頼度が低いのは、携帯電話のみという場合です。
もちろん、携帯電話があれば最低限の連絡をすることができます。
しかし、携帯電話1台ですと、それだけのことにしかなりません。
そこから信頼を構築することが出来ないのです。

アイフル審査ナビ
Copyright© アイフル審査ナビ All Rights Reserved.